背中の毛、どうやって処理する?

背中の毛背中の毛の「処理の仕方」が分からないという人、多いのでは?

処理しても綺麗にならないし、

かといって放置すると…、背中をしっかりと見られていることが、よくあります。

このサイトでは、

  • みんなが他人の、また自分の背中の毛をどう思っているのか。どう処理しているのか
  • 背中の毛の処理方法

をお伝えします。

背中の毛は、意外と見られています

見られています

  • 自分の背中に毛が生えていることに気づいてない人
  • 背中の処理方法が分からないので、放置している人
  • 背中の毛を処理しているけど、仕上がりが雑な人
  • 処理した結果、背中に肌トラブルを起こしている人

気をつけて下さい。背中の毛は意外と見られています。

水着やドレスなど背中の見える服装の時は特に、「見せるのに処理していない」ことが大きな幻滅ポイントに。

背中が見えないはず!のときも、意外と見えていることが多いようです。

みんなの「背中の毛」に対する意識調査

意識調査

みなさん背中の毛の処理って、どうしているのでしょう?

きちんと処理している人もいらっしゃる中、処理のやり方が分からず放置している人もいらっしゃいますね。

処理方法も、カミソリで頑張っている人、脱毛して毛を生えない状態にした人、いろいろです。

人の背中の毛を見て、どう思っているのでしょう?

同性である女性であっても、人の背中の毛をみると「残念」に思う人が多いようですね。

男性から見てもやはり良いものではなく、見えてしまうとその人は「恋愛対象」から外れてしまう場合もあるようです。

彼氏に指摘された…という意見も。


などなど、いくつかのアンケートを実施した結果を掲載しています。

背中の毛の処理方法、いろいろ

背中の処理方法

背中のムダ毛を処理する方法は、

  • 自分で処理する
  • 誰かにやってもらう
  • 脱毛してムダ毛の処理が要らない状態にしてしまう

と、大きく分けると3つあります。

背中を自分で処理する方法

自分で処理する方法はいくつかあります。

持ち手の長い「背中用の」ムダ毛処理グッズを使う方法

  • 背中の除毛タオル
  • 背中用のカミソリ
  • 背中用の電気シェーバー
  • 背中用の毛抜きローラー

手を伸ばしたり長いヘラを使って、薬剤を塗ったり毛を抜いたりする方法

  • 脱毛テープ
  • 除毛クリーム
  • 脱色剤
  • 抑毛剤

背中のムダ毛処理これらのような方法がありますが、自分一人ではやはり綺麗に仕上げることは難しいです。なぜなら、

  • 背中は見えにくいうえに手が届きにく、しかもデコボコしているので綺麗に処理するのは困難。
  • 仕上がりを自分では確認しにくく、処理漏れ部分ができてしまう。
  • 力の加減も難しいので、無理に処理すると背中の皮膚を痛めてしまう。
  • 皮膚に摩擦のある処理方法では、背中の毛が濃くなってしまう。

綺麗に見せようと処理しているのに、逆に汚く見えてしまう場合も多いので、やるときは少々時間をかけて慎重に行って下さい。

誰かにやってもらう

誰かに処理をお願いすれば、綺麗にできます。

でも、なかなか頻繁には頼みづらいですよね。

カミソリや脱毛テープという手もありますが、下準備や手間が大変で余計に頼みづらいかも。

誰かに頼むなら、手早く簡単な「電気シェーバー」や「電動トリマー」などの方法がいいと思います。

脱毛して、背中に毛が生えないようにする

脱毛は、毛を生えてこなくする方法です。

背中を脱毛してしまえばいつでもキレイで、もう処理する必要がなくなります。

  • エステ、脱毛サロン
  • 家庭用脱毛器(自宅で)
  • クリニック

などの方法がありますが、背中は広い部位ですし、腰やうなじも一緒に脱毛すると金額が高くついてしまいます。

ちょっとだけ薄くするくらいなら脱毛サロンなどのキャンペーンをうまく利用したり、
または誰かに手伝ってもらって家庭用脱毛器で処理すると、安く脱毛できます。

自分で処理すると起こる皮膚トラブルと、その対処法

皮膚トラブル

ご自分で背中のムダ毛を処理している人も多いですが、これに満足している人は少ないでしょう。

背中は自分では処理しにくいので、必要以上な力を加えたりしがちに。その結果、肌荒れや埋没毛(埋もれ毛)などのトラブルが起こりやすいです。

結論!

日常的な「自己処理」はしない方がいい

自分一人で背中を綺麗に処理する方法はありません。処理ムラがあると面白い感じに、しかも目立って、背後で笑われてしまうかもしれません。

そればかりか背中が皮膚トラブルを起こして汚くなってしまいます。

また、皮膚に負担をかける処理方法では毛か濃くなってしまいます。

「自己処理」で背中を汚くしてしまうくらいなら、処理しない方がいいと思います。

ただし、「背中を見せるとき」は処理するべき!

背中の開いたドレスや水着を着るときなど、背中が見えることが分かっている場では、「背中にムダ毛が生えていること」よりむしろ、「毛を処理していないこと」が、人から見て大きなマイナスポイントになります。

背中が見えるのに処理しない→だらしない、と思われてしまいかねません。

できるだけ、どなたかに処理を手伝ってもらいましょう。

安全で手軽な、電気シェーバーか電動トリマーがオススメです。

日頃から綺麗にしておきたいなら

「抑毛ローション」という手もありますが、オススメはできません。

抑毛剤は毛の成長を遅らせ、毛を細くすることができますが、効果には個人差があり、「効く人」と「いつまで経っても効果の現れない人」がいます。しかも、毛が薄くなるまで数か月間かかりますし、継続使用するには費用が掛かりすぎます。

脱毛して毛を生えなくする

どうしても気になるなら、「脱毛」して毛の生えない状態にしてしまいましょう。

毛根部にある「毛乳頭」が生きている限り、毛は生えてきます。この毛乳頭を壊したり、弱らせたりするのが「脱毛」です。

最近では費用がかなり安くなったので、脱毛する人がどんどん増えています。


まとめ

  • 自分では処理しない方がいい。背中を汚くするだけ。
  • ただし!背中を見せるときは手伝ってもらって「処理」するべき。
  • いつも綺麗にしておきたいなら「脱毛」。

背中の毛を処理する「必要性」は人それぞれ。ご自身に合った処理方法を選んで下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です